原创翻译:龙腾网 http://www.ltaaa.com 翻译:无限回忆 转载请注明出处
论坛地址:http://www.ltaaa.com/bbs/thread-482859-1-1.html

大学崩壊?授業料高騰と人文系学問の消滅…すでにアメリカが迎えている危機とは

大学崩坏?学费高涨和人文学科的减少
面向美国走来的危机是?



アメリカの大学の授業料は数十年かけて上がり続け、四年制私立大学の平均年間授業料は3万ドル(約340万円)以上にもなってしまった。これは日本の四年制私立の約4倍にもなる。ハーバードなどの有名私立では、年間600万円近くになるところもある。日本の国立や公立大学にあたる州立大学でも有名大学は授業料が高い傾向にある。例えば、カリフォルニア大学バークレー校の州外学生の年間授業料は400万円以上だ。

美国大学的学费数十年来不断上涨,4年学制的私立大学平均每年的学费超过3万美元(约340万日元)。这个数额约是日本4年学制的私立大学学费的4倍。哈佛大学等知名大学,其每年的学费更是高达近600万日元(约36.5万元)。相当于日本的国立、公立大学的美国州立大学,其中比较著名的学校其学费也在不断高涨。比如说加利福尼亚大学伯克利分校,其他州的学生每年需要交纳超过400万日元(约24.5万元)的学费。





日本でも取り上げられる人文系学問の消滅の危機も、アメリカの大学ではもうすでに深刻化している。これも授業料高騰の弊害のひとつといっていいだろう。卒業後のローンの支払いのために、学生は幅広い教養をつけることより、就職に直結する知識やスキルを学ぶことを要求する。近年ではアメリカの大学の専攻の半分以上が特定の職業につくための実用的な分野で、卒業後の職業が明確にできない伝統的なリベラルアーツの専攻をする学生は年々減っている。

在日本被频频报道的人文学科消失的危机,在美国已经非常严重了。这可以说是学费高涨所带来的一大弊端吧。为了在毕业后支付贷款,学生比起掌握宽广的知识面,更倾向于选择与就业直接相关的知识以及技能。近年来在美国的大学,半数以上的学生选择的专业都是为了在特定领域就业的实用性专业,选择毕业后职业方向不明确的传统文科专业的学生每年都在不断减少。


この他にも入試の点数だけでなく人物の全体像を審査するホリスティック入試の不公正さ、非常勤講師の多量採用など色々な問題が山積みとなっている。学生を惹きつける「売り」のない大学は、新入生が定員に満たず閉校するというケースも増えている。

其他的还有不是关注学生的入学考试分数而是审查学生整体家庭情况的不公正行为、大量采用兼职讲师等等,一系列问题堆积如山。没有“卖点”的大学因为招不满学生而倒闭的例子也在不断增加。


日本の大学でも少子化が進むにつれ授業料の値上げや学生争奪戦、それにともなう学生消費者主義の深刻化は避けられないだろう。日本の大学が近い将来直面するであろう「危機」は、日本の大学がモデルとしてきたアメリカの大学の現状を見るとよくわかるのではないか。しかしアメリカの大学の抱えている問題のほとんどが解決の糸口さえ見えていない。日本の大学は何をお手本として高等教育の危機を回避したらいいのだろうか。

在日本的大学也因为少子化而上涨学费以及展开学生争夺战,与之相伴,学生消费者主义(注:就是把学生当初消费者)的深刻化愈发无法避免。日本的大学在近未来将直面的“危机”——通过观察作为样品的美国的大学现状,应该非常清楚了吧。但是美国的大学所存在问题基本看不到解决问题的头绪,那么日本的大学该以什么为范本而回避高等教育的危机呢?





XEED 経営コンサルタント
人文系の学問を蔑ろにすると、人が人らしく生活するための世の中、即ち物理的にも精神的にも自由で豊かな社会は決して作れないでしょう。
芸術、文学、音楽、哲学といった人文系の領域が与えてくれる豊かさを享受するために、自然科学系や社会科学系が奉仕するとすら考えてもいいくらいだと思っています。
これからAIがますます発達、浸透していく流れにあって、合理性や定量的な正解はコモディティ化していきます。その時、人が人らしい豊かさを与えてくれるのは人文系の価値です。
そしてこの流れは必然であり、近いうちに「文学部の逆襲」が始まると考えています。

一旦不重视人文学科,在这世上人也无法活得像人,换言之(不重视人文学科)无论是物质层面还是精神层面上都无法自由地创造文化多元的社会。
我认为为了享受艺术、文学、音乐、哲学等人文领域所带来的丰富文化,甚至可以让自然科学学科或社会科学学科做出些无私的奉献。
今后AI会越来越成熟,渗透到社会的方方面面,合理性或者定量性的正确答案就是无差异商品化。到那个时候,给予人们其丰富多元的文化就是人文学科的价值。
(注:无差异化商品是指目前流通在市场上的商品丧失了自身厂牌的特性,所以对消费者而言不管是购买任何一种品牌的产品都没有太大的差别)
并且这个进程是必然的,我认为不久的将来就会开始“文科的逆袭”。


大場 紀章 エネルギーアナリスト
高等教育機関たる大学が、単に金持ちが金持ちになり続けるための装置と化し、学問よりも既得権側の人的ネットワークに入れるかどうか、一部のビジネスに活用可能な才能を使う側に立てるかどうか、で評価が決まってしまう。
自由主義の行き着く先はこれ。

作为高等教育机关的大学,是否只是让有钱人变得更加有钱的设备、是否比起学问更注重于既得利益者的人际网络,是否倾向于专研能够在一部分商业活动中使用的能力,都是由评价决定的。
自由主义的末路就是这个。


藤村 慎也 インプログループ 代表
アメリカの大学というと、どうしてもトップスクールをイメージして良いところばかり見えがちですが、当然ながら、いろんな大学があるということ。
大学自体、産業革命後の工業社会の教育に最適化されたもので、情報化、サービス化が進む中で、進化の時を迎えているのかもしれませんね。
大学を絶対目標とせず、自分の頭で考えることが求められるようになってきたのではないでしょうか。

一提到美国的大学,大家想到的都是顶尖学府,光是看到好的一面,然而,事实上就是有各种各样的大学。
因为大学本身是在工业革命之后用于适应工业社会教育的产物,所以在现代信息化、服务化的进程中,或许是大学进化的时刻到来了。
不是把大学当成绝对的目标,而是要开始用自己的头脑去思考不是吗?





飯塚 大智 千葉大学発ベンチャー(株)ミライノラボ 学生研究員ビジネスプロデューサー
日本と違ってアメリカの大学ではリベラルアーツを全学生が真剣に学び、、、みたいな状況も変わりつつあるんですかね。私も人文系の学生としてリベラルアーツの重要性は認識しているつもりですが、日本は圧倒的に学生の読書量が少
ない上に国自体が人文系を排除しようとしている。アメリカでもそういう流れが起きているとすれば猿真似をする日本でもますますその動きは加速するでしょう。リベラルアーツを大学で身につけないのであれば、専門学校や就職予備校と大学の差というのは何なのでしょうか。現代における大学の存在意義がますます分からなくなっていきます。

不同于日本,在美国的大学所有的学生都在认真地学习文科知识——这样的状况已经一去不复返了。我作为人文学科的学生打算让别人认识到文科的重要性,但是日本学生们的阅读量非常之少,加之国家还想要取缔人文学科。要是美国真的要取缔文科的话邯郸学步的日本也会往这方面发展吧。如果不能在大学掌握人文知识的话,大学和专科学校或者就业预备学校到底有什么差别呢?现代大学的存在意义愈发不明了了。