原创翻译:龙腾网 http://www.ltaaa.com 翻译:红发安妮 转载请注明出处
论坛地址:http://www.ltaaa.com/bbs/thread-475649-1-1.html



【5月7日 AFP】中国当局が外国の航空会社に対し、台湾を中国の一部と表記するよう求めていた問題で、米政府は7日、中国で人気のSNS上でこれに反発する内容の声明を中国語で投稿し、批判をさらに強めた。ただ厳しく検閲されているSNS上では、共感はほとんど得られなかった。

【法新社5月7日报道】此前中国当局要求外国航空公司应使用“台湾是中国的一部分”的表述,针对这件事,美国政府于7日在中国微博上用中文发表了反对的声明,对中国进行了强烈的批判。然而在受到严格审查的微博上,(美国的)这条微博几乎没有得到支持。



問題の発端は先月25日、中国民用航空局(Chinese Civil Aviation Administration)が米国を含む外国の民間航空会社36社に宛てて、台湾と香港、マカオを自国領土とする中国政府の基準に準拠した表記を求める通知書を送付したことだった。

事情的起因要追溯到上个月25日,中国民用航空局致信包括美联航在内的36家外国航空公司,要求他们依照中国政府的标准在宣传材料中标明台湾、香港和澳门是属于中国的。



これを受けてホワイトハウス(White House)は、英作家ジョージ·オーウェル(George Orwell)が小説で描いた全体主義国家を念頭に置いて、航空会社に対する中国の要求は「オーウェル的ナンセンス」だと切り捨てる声明を発表。

收到来信的美国白宫借用了英国作家乔治·奥威尔书中描述的全体主义国家的概念,发表声明指责中国对航空公司的要求是奥威尔式的胡言乱语。



さらに在中国の米国大使館は7日、中国版ツイッター(Twitter)のウェイボー(微博、Weibo)の公式アカウントから、この声明の中国語翻訳を投稿した。

不仅如此,美国大使馆在中国微博上的官方账号于7日用中文发表了一则声明。



これには数万件のコメントが寄せられたが、当局によって厳しく監視·検閲されているウェイボー上では、米側の批判に対する支持よりも愛国心を強調する反応であふれた。

虽然该则微博收到了数万条回复,但因为当局严密的监控和审查,洋溢着爱国情绪的回复比支持美国的要多得多。(译者:不得不吐槽一句,这个作者的逻辑真的强,西方人眼里大概世界人民不爱美国就是原罪)



中にはハワイやアラスカの独立を求める声や、「ビジネスをやりたいのでなければ、ここから出ていけ。もしとどまりたいならば、われわれの法に従え」「言論の自由とは関係ない。中国法だ」とする主張も聞かれた。

回复中不乏要求夏威夷和阿拉斯加独立的声音,也有网友表示,“不想做生意的话就从这里滚出去吧。想留在这里就给我乖乖遵从中国的法律”、“与言论自由毫无关系。这是中国的法律”。