原创翻译:龙腾网 http://www.ltaaa.com 翻译:Gilean 转载请注明出处
论坛地址:http://www.ltaaa.com/bbs/thread-468749-1-1.html


スペースX、次世代大型ロケット「BFR」開発に今後は集中へ

SpaceX将集中精力开发下一代大型火箭“BFR”

2/8(木) 15:12配信

sorae.jp



先日は大型ロケット「ファルコン・ヘビー」の打ち上げを成功させ世界の度肝を抜いたスペースX社ですが、同社はすでにその次を見据えています。スペースXを率いるイーロン・マスク氏はプレスイベントにて、「今後は次世代大型ロケット『BFR』開発に集中する」と発言しているのです。

前几天通过成功发射大型火箭——重型猎鹰而让全世界大吃一惊SpaceX,已经瞄准其下次的计划。根据马一龙在记者招待会上的消息,其下一步的目标是“将集中精力开发‘BFR’”。

--------------------

BFRは再使用可能なブースターと宇宙船を組み合わせた宇宙輸送機で、全長106m、直径9mと超大型ロケットに相当。31基の「ラプター」エンジンを搭載します。宇宙船部分は全長48m、直径9m、重量85トン、ペイロードは150トン。4基のラプターエンジンと2基の「シー・レベル」エンジンを搭載し、有人宇宙船として利用すればほぼ100人が搭伩赡埭扦埂

BFR是由可重复使用的助推器和太空船组成太空输送器,全长105米,直径9米与超大型火箭相当。装载31台“猛禽”发动机。太空船部分全长48米,直径9米,重量48吨、有效载荷150吨。利用4台“猛禽”发动机和“C.Level”发动机,如果作为载人飞船差不多可以搭载100人。

--------------------

さらに、マスク氏はBFRのテスト打ち上げを来年にも実施する可能性があると述べています。このテスト打ち上げは小規模なものとなり、フルスケールのテスト打ち上げは3~4年後になると表明しています。また、今後も並行して「ファルコン9」やファルコン・ヘビーの哂盲Aけられます。
并且,马一龙表示BFR的发射测试有可能在明年实施。但这发射测试是小规模的,完整测试将在3~4年后进行。并且今后也将继续同时使用“猎鹰9号”和重型猎鹰。

--------------------

BFRは2022年に無人の火星着陸ミッション、そして2024年には有人機と無人機による火星着陸ミッションを予定しており、さらには宇宙ステーションへの補給や人工衛星などの打ち上げ、月面探査にも利用される予定です。また、初号機の製造は2017年9月の発表時では6~9ヶ月後に始まるとされていました。

BFR将在2022年实施无人火星着陆,之后在2024年进行有人与无人火星着陆任务,以及太空站的补给和人选卫星等发射,也将用于月球探测。另外,一号火箭的制造将在2017年9月发表时计算6~9个月后开始。

--------------------

マスク氏はその他にも、ファルコン9やファルコン・ヘビー、「ドラゴン」補給船や「ドラゴン2(有人版ドラゴン)」の開発がほぼ完了しており、一方ではBFRの宇宙船部分の開発が非常に難しいことなどを明かしています

马一龙除了表示猎鹰9号、重型猎鹰,龙补给飞船以及载人版龙飞船2号的开发基本完成外,同时也表示BFR的太空船部分的开发非常困难。