中華料理店でチャーハンを食べる際、「れんげ」が出されることがあります。途中までは問題ないのですが、残り少なくなってくると取りづらくなり、ご飯が数粒残ってしまうことはないでしょうか。そもそも、なぜ、れんげが中華料理の食器として定番なのでしょうか。チャーハンを中国人はどうやってきれいに食べているのでしょうか。ノンフィクション作家で中国社会情勢専門家の青樹明子さんに聞きました。

在中华料理店吃炒饭的时候,有时会给你汤勺(瓷勺)。吃饭中途是没有什么问题的,当碗里剩余的饭越来越少的时候,就开始舀不起来了,导致最后就会残留几粒剩饭,是不是有这样的情况呢?说到底,为什么,瓷勺是作为中华料理的基本食器呢。让我们来问问研究中国社会情势的专家青树明子女士(非小说作家)吧。

名前の由来はハスの花

名字的由来是莲花

Q.そもそも、れんげとはどういうもので、中国ではどういう食器として位置づけられているのでしょうか。

瓷勺是怎么样的呀,在中国的食器当中占据怎样的位置呢?

青樹さん「『ちりれんげ』、略して『れんげ』はいずれも日本語です。名前の由来はハスの花(蓮花=れんげ)の花びらに形が似ているからといわれます。平安時代、中国から日本に伝来し、平安朝の貴族社会では、しゃもじの役割、つまり、ご飯をよそうものとして使われていたそうです。
青树:“瓷勺,还有一个略称叫‘れんげ’,这两个都是日语。名字的由来是瓷勺的形状和莲花(莲花=れんげ)的花瓣相近。平安时代,从中国传到日本,在平安时代的贵族社会当中,被当做饭勺所使用,也就是说,是作为盛饭的器具使用。”
中国語ではスプーンのことを『勺子(シャオズ)』といい、れんげも『シャオズ=スプーン』の一種です。強いて言えば、『中国式スプーン』という解釈でしょうか。中国でも、とても身近な食器で食卓では必ず目にします。

中文当中,可以把我们现在用的“spoon(勺子)”叫做勺子,瓷勺也是勺子的一种。硬要说起来的话,可以解释成是“中国式勺子”。在中国,是非常常用的食器,在饭桌上是一定可以见到的。

スプーンの一種なので、日常的な食器で、主にス-プやおかゆを食べるときに使います。日本ではスープやご飯をよそう場所はキッチンですが、中国の場合はテーブルに大きい器を置いて、個人によそっていきます。

因为是勺子的一种,在日常生活中所使用的食器里面,主要是用来喝汤或者喝粥的。在日本,盛饭或盛汤的地方在厨房,在中国的话就是在桌子上放一个很大的容器,每个人自己去盛。


そのほか、れんげを必ず使うのは小籠包(ショウロンポウ)を食べるときです。れんげの上に小籠包をのせて、皮をつついて破り、スープを出して飲んでから、肉と皮の部分を食べるのが一般的です」

另外,必须使用瓷勺的是吃小笼包的时候。一般都是把小笼包放在瓷勺上面,把小笼包的外皮刺破,喝掉从里面流出来的汤汁,然后再吃肉和皮的部分。

Q.れんげにも種類があるのでしょうか。

瓷勺也有不同种类吗?


れんげの形は日本も中国も基本的に同じですが、私が日常使っているれんげは中国で買ってきたもので、日本でよく見るものと比べると小さめだと思います。材質は陶製のものが多いですが、ファストフードではプラスチック製のものが使われます。

瓷勺的形状上来看,日本和中国基本是一样的,我自己日常使用的汤勺就是从中国买的,和在日本常见的那种勺子比起来的话,我的那个更小。材质多是陶瓷,在快餐店这种地方的话,会使用塑料制的。

そういえば、日本のれんげはラーメンのスープ用に添えられていることがありますが、丼の縁にひっかけられるようになっているものがありますよね。あれは中国では見たことがありません」

对了,说起来,日本的汤勺也有被用在喝拉面汤的时候,有那种挂在大碗的边缘的对吧。那个我在中国没看到过。



また、中国人は食事のとき、必ずスープを飲みます。日本人が定食でみそ汁やお吸い物を飲むのと同じだと思ってください。チャーハンが出てくる食卓には必ずスープが付きます。そして、一つのれんげをチャーハンにもスープにも使います。れんげにご飯粒が残っていてもスープを飲むとき、一緒に口に入れればいいのです」

另外,中国人在吃饭的时候,一定会喝汤。你就把这想成日本人在吃定食(日本传统料理的一种属于饭类,饭都定在250克,里面的配料也都是标准化)的时候,会喝味增汤或者其他的饮物,是一个道理。如果有炒饭的话,饭桌上必然会有勺子。然后,一个勺子既能吃炒饭,又能喝汤。勺子上粘上饭了,就在喝汤的时候,一起吃掉就好了。

Q.とはいえ、お皿でチャーハンが出てきたら、お皿にご飯粒が残りそうです。中国では、食事はいくらか残した方が「おなかがいっぱいになって満足しました」という意味で、礼儀として正しいと聞いたことがあります。「残さず食べるのが礼儀」とされる日本との違いも関係しているのでしょうか。

虽说如此,要是炒饭用盘子装,盘子就会剩下饭粒。在中国,我听说吃饭的时候要剩下一点才算是“已经吃饱了”的意思,剩下一点在礼仪上才是对的。在日本则是相反,吃的一点不剩才是对的,这一点上也有关系吧。

青樹さん「確かに、ご飯粒を残さないのは日本人の作法です。ご飯を残すのを中国人が気にしないのも事実です。ただ、それは中国人の礼儀とは別問題です。ご飯粒程度は『食べ残し』に入りません。

青树“确实,吃饭要一点不剩是日本人的做法。中国不在意剩饭这一点也是事实。但是,这和中国人的礼仪又是两回事了。只是剩下几粒饭粒的话不叫剩饭。”

もっと多く残すのが『礼儀』です。中国では『お皿が空っぽになるのは接待する側の礼儀に反する、だから、いっぱい注文する』というのが接待の基本です。接待される側は食べ物を残した方が相手の礼儀に応えることだとされてきました。もっとも、最近は食品ロスが社会問題化しているので、政府が『食事を残さないように』と呼び掛けていますが」

剩的再多一点才是“礼仪”。在中国,让客人剩空盘子对于主人这一方来说是于礼不符的。所以,会点好多菜。这样的做法是接待客人的基本。而对于客人一方,留下一些食物才是对的。但是,最近剩饭剩菜问题已经成为社会问题了,政府也在呼吁不要浪费粮食。

れんげを使って、チャーハンを残さず食べるコツがあれば教えてください。あるいは、箸を使った方がよいのでしょうか。

请告诉我如何使用汤勺而不剩下饭粒的小妙招吧。或者,还是使用筷子更好?

青樹さん「中国でもチャーハンを食べる際、箸を使う人はけっこういます。先日、ネット上で話題になったのが『チャーハンを食べるとき、あなたはスプーン(れんげ)派? お箸派?』という議論で、れんげ派が多かったものの、お箸派もそれなりにいたようです。 れんげ派は『口を大きく開けて頬張る幸福感はお箸では味わえない』と主張。例えば、卵チャーハンは卵、肉類(ひき肉が多い)、豆、ご飯を、れんげで一緒に口の中に入れます。『箸は具材をつまむのが面倒くさいし、ちょこちょこ口に入れるより、れんげで一度に食べる方がいい』と言っています。

青树“在中国,吃炒饭的时候,也有很多人使用筷子。前几天,在网络上也有一个话题引起热议,‘吃炒饭的时候,你是勺子派?还是筷子派?’”,尽管勺子派的人数更多,但是筷子派也有一定的数量。勺子派的主张是,大口大口的幸福感是筷子体验不到的。比如说,吃蛋炒饭的时候。因为蛋炒饭里有鸡蛋、肉类(肉沫很多)、豆子、米饭,可以用勺子一起吃进嘴巴里。用筷子一点一点夹很麻烦,比起慌慌张张的用筷子夹着吃,用勺子一次性解决更好。

一方のお箸派は『高級店でチャーハンを食べるときは断然おはし! れんげは子どもみたいで嫌だ。お箸できれいに食べるのが上品。れんげで食べるとお皿の外にこぼしてしまう。うまくすくえないし、品がない』と主張しています。

另外筷子派的意见则是,在高级料理店吃炒饭肯定是用筷子!用勺子跟小孩子一样,不要。用筷子就能优雅的吃炒饭,档次高。用勺子吃的话就会弄到盘子外面。不能很好挽救场面,没面子。

ちなみに『両方使う』派もいます。パスタの店で日本人がスプーンとフォークを一緒に使う感じです。左手にれんげ、右手にお箸を持って、お箸でれんげにチャーハンを入れて、頬張るのです。中華料理はほかの国の料理と違って、比較的作法に厳しくなく、料理が温かくて、大勢でにぎやかに食べることの方を大切にします。ご飯粒が残っても、チャーハンの粒が飛んでも平気です。

还有,也有人两个都用。就像在披萨店,日本人一起使用勺子和叉子那样。左手拿勺子,右手拿筷子,用筷子把炒饭弄到勺子里,大口吃。中华料理和其他国家的料理不一样,相对来说做法上不那么严格,吃上热腾腾的饭菜,大口吃,热热闹闹地吃是最重要的。剩下一点饭粒,或者饭粒掉出去了都是没关系的。

小ぶりなおわんにチャーハンを取り分けてから食べれば、れんげでも食べやすいと思いますし、適当な器がない場合には『れんげだけで、いかにきれいに食べるか』なんて気にせずに、中国のお箸派や『両方派』に倣って、食べやすい方法で楽しくチャーハンをいただけばよいかと思います」

用小碗分盛炒饭来吃,那么就算用勺子吃起来也很方便,如果没有合适的食器,就不要在意只靠勺子,如何把炒饭吃干净了,可以模仿中国的筷子派或者两者都用派,用吃起来容易的方法吃就好啦。