今年夏から秋にかけて群馬県などで家畜が相次いで盗まれた事件で、同県太田市に住むベトナム人のグループが関与した疑いがあることが26日、群馬県警への取材で分かった。

从今年夏天到秋天,群马县等地相继发生家畜被盗事件,26日采访群马县警察得知,居住在该县太田市的越南人团伙涉嫌参与其中。

県警は入管難民法違反などの容疑で太田市内の住宅を家宅捜索。住宅には19人がおり、同容疑でこのうち2人を逮捕した。
SNSに家畜の売却に関する投稿があり、県警が分析してベトナム人らの関与が浮上したという。家畜を盗んだ疑いでも調べる。

群马县警方以违反入管难民法等嫌疑对太田市内的住宅进行了搜查。住宅里有19人,警方以上述嫌疑逮捕了其中2人。
由于社交网络上出现了与家畜出售相关的信息,警察通过分析认定与这一伙越南人有关,将以偷盗家畜嫌疑对其展开调查。

同県では、7~8月だけで、前橋市や太田市など4市にある7カ所の養豚場で豚計約670頭が盗まれる被害があった。

在该县仅7月和8月,前桥市和太田市等4个市的7家养猪场就有670头猪被盗。