韓国、住みやすい国ランキング17位??6ランク上昇
韓国が今年、世界163か国のうち「住みやすい国」の17位を占めた。これは昨年(23位より)6ランク上昇したもので、環境の質などのウェルビン部門と高等教育に対する接近性などの機会部門の点数が上昇したことによるものだ。
【写真】もっと大きな写真を見る

韩国排在适合居住的国家排名第17名 比去年上升6名



韩国在今年的世界宜居国家排行榜中(世界163个国家)排名第17名,是个“适合居住的国家”。比去年的(第23名)上升了6个排位,对人们幸福指数的产生影响的环境质量和高等教育的接受程度等方面的分数都上升了。

15日韓国のデロイトグループが「2020年社会発展指数(SPI)」を引用し発表した結果によると、韓国は調査対象国が初めて100か国を超えた2014年以降、最高の順位を記録した。韓国は基本欲求部門(96.92点)で昨年と同じ7位を占めた。ウェルビン部門(90.12点)は17位で昨年に比べ8ランク上がった。機会部門(80.13点)は22位を記録し、昨年と比べ4ランク上昇した。

15日,根据韩国德勤集团(音译)引用《2020年社会发展指数(SPI)》进行研究后的发表文章显示,韩国自2014年之后首次排在100个国家以前,破了他们的最高记录。韩国的人民基本需求满足方面取得了96.92分,这与去年相同,排名第7。幸福指数取得了90.12分,排在17名,比去年上升了8名。人生自由度机会方面取得了80.13分,创下韩国首次取得22位的记录,与去年相比上升了4名。


住みやすい国1位にはノルウェー(100点満点で92.73点)が3年連続で上った。ノルウェーはウェルビン部門(基礎知識と情報?通信に対する接近性、健康と福祉、環境の質)で1位(93.39点)、機会部門(個人の権利、個人の自由と選択、包容性、高等教育に対する接近性)で3位(87.95点)、基本欲求部門(栄養と医療支援、水と衛生施設、住居環境、個人安全)で8位(96.85点)を記録した。

满分100分中挪威取得了92.73分,连续3年登上了最适合人们居住的国家第一名。挪威在幸福指数方面(基础知识和信息、通信的获取容易度、健康和福利、环境质量)中排名第一(93.39分),人生自由度方面(个人权利、个人自由和选择、包容性、高等教育的接近性)排名第三(87.95分),基本需求方面(营养和医疗支援、水和卫生设施、在居住环境、个人安全)获得第8名(96.85分)

住みやすい国2位はデンマーク(92.11点)だった。続いて3位はフィンランド(91.89点)、4位はニュージーランド(91.64点)、5位はスウェーデン(91.62点)だった。米国は2018年に25位、昨年26位、今年は28位に後退した。
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

适宜居住的国家第二名是丹麦(92.11分)。接着第3名是芬兰(91.89分),第4名是新西兰(91.64分),第5名是瑞典(91.62分)。美国于2018年就退居到了第25名,去年第26位,今年退居第28位。