日メディア「戦後75年、日本がまず歴史に謙虚になるべき」=韓国報道

日媒“战后75年,日本应该对历史谦虚”——韩国转报



军舰岛

東京新聞は、自国の第2次世界大戦の敗戦75周年を迎え「日本がまず歴史に謙虚になる必要がある」ともとめた。

东京新闻的报道中称:‘在迎接本国第二次世界大战战败75周年之际,日本必须要对历史保持谦逊’。

【写真】もっと大きな写真を見る
東京新聞は“日本と韓国、歴史の影を忘れない”というタイトルの今日(11日)付けの社説で「どの国の歴史にも光と影は交錯している。しかし日本では“光”ばかりを選んで語ることが多くなっている気がする」と伝えた。

东京新闻在11日的标题为“日本和韩国,不应忘却历史的阴影”的报道中写道,‘无论哪个国家的历史中,都既有光明又有黑暗’,但笔者总是感觉到日本更多宣传的是光明的部分’。

東京新聞は特に「最近 日韓関係では一面的な歴史観が顕著となっている」とし「いわゆる軍艦島のユネスコ(UNESCO)世界文化遺産登録に関する日本政府の約束破棄問題をあげた。

东京新闻表示:‘最近人们片面化地看待日韩历史的现象变得显著了起来’,并还特别指出了“日本政府毁约了军舰岛的联合国教科文组织(UNESCO)世界文化遗产登记的保证问题。

日本政府は去る2015年、軍艦島をはじめとしたいわゆる“明治の日本産業革命遺産”がユネスコ世界文化遺産として登録された当時「韓国政府の要求とユネスコ世界遺産委員会の勧告にしたがって、端島(軍艦島)などに“強制的に連行されてきた朝鮮半島出身者たちの存在を認め、彼らを記憶にとどめるための措置をとる」と約束していた。

在过去的2015年,日本政府向联合国教科文组织提交了以军舰岛为首的所谓“明治的日本产业革命遗产”名单,并被其列为了世界文化遗产,当时在注册之前,据韩国政府的要求和联合国教科文组织世界遗产委员会的劝告,日方须承认那些参与端岛(军舰岛)建设、被强制带到日本的朝鲜半岛出身的人的存在,让他们为世人所知。

しかし、日本政府が軍艦島などを対内外的に紹介するために、今年 東京都に設置した“産業遺産センター”には、当時約束していたものとは違い、徴用者たちが強制労役に苦しめられ、差別を受けていたという歴史的事実を否定する内容の証言および資料が展示されていて、日本内からさえも「歴史的歪曲だ」という批判が湧きあがっている状況である。

但是,日本政府为了向国内外介绍军舰岛等地方,今年在东京都设立了“产业遗产中心”,与当时上韩国与联合国教科文组织所约定的不同,那里展出了否认征用者们被强制劳役受到折磨、受到歧视的历史证言和资料。自展出以来,日本国内也涌现出了‘这是在歪曲历史’的批判的声音。

これに関して東京新聞は「歴史に暗い部分があるというのは恥ずかしいことではない。むしろ過去の過ちを認めるのは、その国の道義的立場を強くする」という栗山尚一 元外務次官の過去の月刊誌の寄稿内容を紹介している。
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

对此,东京新闻介绍了栗山尚一原外务次官在过去月刊杂志上的言论,‘历史上有黑暗的部分,这并不是可耻的事情。勇敢的承认历史的错误,才更能使国家保持正义。’