「包丁で刺した。殺すつもりだった」別れ話の口論で24歳女性を刺殺…6歳息子が近所に助けも…

日本男子在闹分手时杀了24岁的女方,“我用菜刀刺了她,打算杀了她”,女方6岁的儿子向邻居寻求帮忙…


逮捕の男「台所にあった包丁で刺した。殺すつもりだった」
こう供述するのは12日、24歳の会社員・田口朱音さんが刃物で腹部を刺され死亡した事件で、逮捕された住所不定のアルバイト吉直優一容疑者36歳だ。
吉直容疑者は田口さんの腹部を刃物で複数回刺して殺害した疑いが持たれている。

被逮捕的男性说:“我用厨房里的菜刀刺了她,打算杀了她。”
12日,24岁的公司职员田口朱音小姐被用刀刺进腹部而死亡,被逮捕的嫌疑人吉直优一,无固定住所,临时工,36岁。嫌疑人吉直被指有用刀多次刺进田口小姐的腹部并杀害的嫌疑。

(译注:アルバイト,可以指搞副业,临时工,自由职业者)
14日午後1時前、兵庫県・飾磨警察署から神戸地検・姫路支部へと身柄を移された吉直容疑者。
うつむき加減で車に乗り込み、深々と被ったフードとマスクで目元は見えるものの、表情はうかがえない。

14日下午1点前,嫌疑人吉直从兵库县饰磨警察署被转移到神户地方检察厅姬路支部。
低着头上到车里,帽子压得很低,戴着口罩,虽然能看到眼睛,但看不到表情。

6歳息子が近所にSOS「お母さんが刺されて死にそう」
吉直容疑者と田口さんの間に何があったのだろうか。
兵庫県姫路市の集合住宅で6歳の息子と2人で暮らしていた田口さん。
事件が起きたのは12日午後1時過ぎ。

6岁的儿子向邻居求救说:“妈妈要被刺死了。”
嫌疑人吉直和田口小姐之间到底发生了什么?
田口小姐和6岁的儿子一起住在兵库县姬路市的公寓里,
事件发生在12日下午1点多。



一方で、田口さんは6月、被害届を提出した際に吉直容疑者のことを「知人」だと話しており、2人の説明には食い違いがあるということだ。
室内には凶器とみられる血のついた包丁が残されていたことから、警察は吉直容疑者が突発的に犯行に及んだとみて調べを進めていて、14日田口さんの司法解剖を行うとともに動機などについても追及する方針だ。

而另一方面,田口小姐在6月提出受害申请时的时候,称嫌疑人吉直是自己的“熟人”,两人的说明存在差异。
由于室内还留有被认为是凶器的带有血的菜刀,警方认为嫌疑人吉直是突发性犯罪,正在进行调查,14日对田口小姐进行司法解剖的同时,也将追究其动机。