米中対立、「何から何まで」に広がる-世界経済にさらなる重圧

美中对立扩大到“从头到尾”——对世界经济的进一步重压

(ブルームバーグ): 米国と中国の対立は予測不可能かつ新たな領域に広がりつつある。

美国和中国的对立正在扩大到不可预测的新的领域。

今週だけを見ても、中国のバイトダンス(字節跳動)が運営する短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」について、米国内での使用禁止を政権として検討しているとトランプ大統領が認めたほか、大統領の側近の一部が香港ドルの米ドルとのペッグ制度に打撃を与えるよう望んでいることが分かった。

仅看本周,特朗普总统还承认,目前美国正在讨论是否要禁止国内使用中国字节跳动公司运营的短篇视频投稿应用“TikTok(抖音)”,除此之外,还知道了总统亲信的一部分人认为这有希望给港币和美元之间的汇率制度 给予打击。

米国の大学で毎年学ぶ何十万人もの中国人留学生のビザ(査証)発給に関しても懸念が生じている。

关于每年在美国的大学学习的几十万中国留学生的签证发放也产生了担忧。

11月の米大統領選を前に、米中が相互に威嚇し合う構図はエスカレートする見通しで、当面はほとんど仕切り直しが見込める状況にない。

在11月的美国总统选举之前,中美双方互相恐吓的构图预计将逐步升级,目前几乎没有重新和好的迹象。


ナティクシスのアジア太平洋担当チーフエコノミスト、アリシア・ガルシアエレロ氏は「勢力の再編成が急速に進展している。威嚇のスパイラルは少なくとも米大統領選まで、そしてその後も続く公算が極めて大きい。それは新たなパラダイムにすぎない」と話した。

Natixis的亚太地区负责人 首席经济学家亚利西·加尔西耶雷罗表示,“势力的重组正在急速进展。威吓的进展至少要到美国总统选举为止,而且在那之后持续下去的可能性也非常大。这只是一个新的例子而已”。