【ワシントン共同】米ミネソタ州で起きた白人警官による黒人男性暴行死事件の犠牲者ジョージ・フロイドさんの弟フィロニス・フロイドさんが10日、下院司法委員会の公聴会で証言し「黒人の命は20ドル(約2100円)なのかと問いたい」と訴えた。

【华盛顿共同社】在美国明尼苏达州发生的由于白人警察的暴行而致死的黑人男性乔治・弗洛伊德的弟弟菲洛尼斯・弗洛伊德于10日出席美国众议院司法委员会的听证会发言【我问你们,黑人的命只值20美元吗(约2100日元)】

ジョージさんは偽造20ドル紙幣使用の疑いで通報され、駆け付けた警官に拘束された際、首を地面に押し付けられて死亡しており、フィロニスさんは「ジョージは誰も傷つけていない。20ドルで死ぬ理由はない」と憤った。

乔治因为被怀疑使用伪造的20美元纸币而被报警,当被赶来的警察拘束时,头一直被压在地面直到死亡,菲洛尼斯愤怒地诉说【乔治没有伤到任何人。20美元不能是导致死亡的理由】