世界的投資家のジム・ロジャーズ氏は、安倍首相について「新型コロナウイルス感染症への対策で失敗した」と酷評した。

内容概要:世界级投资家罗杰斯吉姆,严厉评价了安倍首相:“在应对新冠疫情的对策上失败了”。

ロジャーズ氏は12日付けの“週刊朝日”の寄稿で、日本政府の新型コロナ対策を「アジア最悪」であると伝えた。

罗杰斯在12日版的《朝日周刊》投稿中表示,日本政府的新冠疫情对策是“亚洲最差的”。

ロジャーズ氏は、アジアはいまや西洋国家よりも経済的に成功し、コロナ対策でも西洋より速やかに国を開け始めた(経済活動の再開)、としてアジアを称賛した。

罗杰斯称赞亚洲说:亚洲现在在经济上比西方国家更成功,在新冠疫情对策上也比西方更迅速地打开了国家的大门(重新开始经济活动)。

しかし「安倍首相はその指導力を発揮できないまま、日本国内の状況は悪化した」と批判した。

但是,他批评说: “安倍首相未能发挥其领导能力,日本国内的情况反而恶化了。”

国際統計サイトによると、5日現在日本の人口100万人当たりの新型コロナによる死者は7人で、中国(3人)、韓国(5人)、台湾(0.3人)より多い。

据国际统计网站统计,截止到5日,日本每100万人中新冠病毒死亡人数为7人,高于中国大陆(3人)、韩国(5人)、台湾(0.3人)。

つづけてロジャーズ氏は「日本の新型コロナへの対策がうまくいかないのは、安倍首相のリーダーシップだけでなく、日本が抱えている根深い問題があるようだ」とし「日本社会は柔軟性に欠ける。しかもそれは年々ひどくなっている」と伝えた。

罗杰斯先生接着说: “日本对新冠疫情的对策不能奏效,不仅是因为安倍的领导能力,而且似乎还因为日本所面临的根深蒂固的问题。”报道称: “日本社会缺乏灵活性,而且每年都在恶化。”

また「日本が柔軟性に欠ける理由の一つは、移民が少ないからではないか。閉じた国はやがて勢いを失う」と強調した。

罗杰斯先生接着说: “日本对新冠疫情的对策不能奏效,不仅是因为安倍的领导能力,而且似乎还因为日本所面临的根深蒂固的问题。”报道称: “日本社会缺乏灵活性,而且每年都在恶化。”

最後に「日本は私が最も好きな国のひとつだ。だから日本の未来について誰よりも心配している」と付け加えた。

最后他补充道: “日本是我最喜欢的国家之一,所以我比任何人都担心日本的未来。”