原创翻译:龙腾网 http://www.ltaaa.com 翻译:BErind 转载请注明出处​



2020年東京五輪・パラリンピックに向け鉄道のテロ対策を強化するため、政府が今年中にも、駅での危険物所持検査の実証実験第2弾を実施する方針を固めたことが29日、関係者への取材で分かった。新幹線の東京駅を含む2カ所で、爆発物の探知能力がある犬や危険物を検知できる装置の投入を想定している。

本月29日,据知情者透露,为了预防针对2020年东京奥运会、残奥会的恐怖袭击,政府决定在今年内进行车站安检方案的第二次试验。计划在包括新干线东京站在内的两个场所中,派遣能嗅探爆炸物的警犬,并配备危险物探测装置。


政府は昨年6月の東海道新幹線殺傷事件を踏まえ、鉄道の安全強化を図っており、五輪・パラ期間中の検査導入を目指している。東京駅には訪日外国人客を含めた利用者が集中する。今回の実験では、検査によって乗客のスムーズな動きが妨げられないかどうかなど具体的な課題を探る。

政府吸取去年6月东海道新干线杀人事件的教训,希望强化铁路运输的安全性,计划在东京奥运期间导入安检制度。东京站包含了大量国外访客在内的乘客。本次试验将主要检验安检措施对于乘客旅行的顺畅性的影响。


東京メトロ霞ケ関駅で行われた乗客の危険物所持を調べる検査の実証実験。改札機付近に設置したボディースキャナー(手前)で人や物が発する電磁波を検知する=3月

在东京地铁霞关站执行了针对危险品的安检试验。在闸机前安放了一个可以扫描人体和物品发出的电磁波的扫描仪。(根据照片所示,目前只是在闸机前设置了一个扫描仪扫描过路的乘客,而非严格的行李扫描+安检门制度)