原创翻译:龙腾网 http://www.ltaaa.com 翻译:玉子家 转载请注明出处
论坛地址:http://www.ltaaa.com/bbs/thread-488751-1-1.html

北京地下鉄に初めて乗ってみた 空港から市街へ…日本とほぼ同じも、駅の出入りに苦労

第一次乘坐北京地铁从机场到市区…与日本大体上同样,出入站有点麻烦



北京空港から地下鉄機場線に乗車

从北京机场坐地铁


人生初の中国旅行、目的地は北京。2019年7月の訪問日は快晴で、後々知ったことですが、最高気温は39度と猛暑でした。北京首都国際空港に着き、荷物を預けるため、まずは市内のホテルに移動します。移動手段はタクシー、バス、地下鉄の3択でしたが、鉄道趣味者として迷わず地下鉄を選びました。これから中国の地下鉄に初めて乗ります。

人生第一次的中国旅行,目的地是北京。2019年7月的一天到的,这天天气晴朗,然而后来才知道,最高气温39度,酷暑难耐。到达北京首都国际机场后,为了寄存行李,首先要先到市区的宾馆。交通工具有出租车、公交车、地铁三种选择,作为铁路爱好者的我毫不犹豫地选择了地铁。这是人生第一次坐中国的地铁。





ここからホテルの最寄り駅である宣武門駅に向かうべく、地下鉄2号線に乗り換えます。市街まで移動できたことに安堵して、ひとまずお手洗いへ。北京市内の地下鉄駅にも日本同様、お手洗いは完備されていますが、さっそく中国の洗礼を受けます。トイレットペーパーがないのです。ただ、日本でもトイレットペーパーが備え付けられていない駅はあったので、「まぁそんなものか」と納得しました。

从这里去离酒店最近的车站宣武门车站,换乘地铁2号线。我为自己成功到达市区感到安心,先去了趟洗手间。北京市内的地铁站和日本一样,洗手间也很完备。然而马上接受了一次洗礼,厕所里没有卫生纸,不过想了一下日本也有一些车站没卫生纸,就觉得“嘛,都一样嘛”。


車内マナーはスマホ以外、日本とほぼ同じ

车里的礼仪除了接电话以外,和日本几乎一样


東直門駅での機場線から2号線へは、改札外の乗り換えでした。改めてきっぷが必要になるため、2号線の改札前で、チャージして使えるタイプのICカードの入手にチャレンジ。有人窓口に「IC」という2文字を見つけ、「あそこなら買えるはず」と思い、“トラベル中国語”で「ICカードがほしい」と恐る恐る伝えたところ「いくらチャージするのか」と聞かれました(たぶん)。ICカードの入手だけで頭がいっぱいだった私は、チャージ金額まで考えていなかったため、とっさに「100元」と答え、デポジットの20元と合わせて120元を支払いました。

在东直门站从机场线换到2号线,是在检票口外换乘的。为此需要重新买票,2号线的检票前,我去办了一张充值就能用的IC卡。我是在人工窗口看到“IC”两个字,心里想着“那里应该能买到”,于是就用我散装中文忐忑地告诉他“我想要IC卡”,结果被问到“要充多少钱”(大概)。当时我满脑子都是能拿到IC卡就好了,于是就没考虑到充值金额,一下子回答「100元」,结果就与押金20元一起支付了120元。


こうして入手したICカードで改札を入っていきます。自動改札機は先ほどの機場線と同じ仕組みです。たどり着いたホームの頭上には、列車が向かう方面の看板が下がっていました。山手線で「新宿方面」とか「渋谷方面」といわれても、乗り慣れていない人にはピンとこないと思いますが、そのとき、まさにそんな状態に。ホーム内を見渡したところ、柱に環状の路線図を発見しました。進行方向を示す矢印も付いていたので、視覚的に理解できました。ちなみに駅名は英語表記もされていますが、漢字の中国語読みなので、日本人の自分にとっては漢字を読んだ方がはるかに分かりやすかったです。

于是这样得到了IC卡进入检票口。自动检票机和刚才的机场线是一样的机制。到达了月台,头顶上的看板标注的是列车前往的方向。虽然在山手线也是写作为“新宿方向”或“涉谷方向”,对于不习惯乘坐的人来说应该一下子看不过来,正是这种状态。在站台内环视,发现柱子上有环状路线图。因为有表示前进方向的箭头,视觉性地能理解了。顺便说一下,站名也有英文标记,但是因为是汉字的中文拼音,对于日本人来说,读汉字更容易理解。


ホームは天井が高く、中央からは、秒まで表示するデジタル時計が下がっていました。また、出口への階段が両端にしか設けられておらず、そのせいもあって地下ながら開放的な印象を受けました。古いながらも清潔で、空調が効いているのか快適でした。

月台的天花板很高,中央挂着个精确到秒的数字时钟。另外,通往出口的楼梯只设置在两端,因为这个原因,在地下给人一种开放的印象。虽然很旧但是很干净,空调也好使感觉起来很舒适。


機場線が第三軌条なら、2号線も同じくです。車内の座席はプラスチック製で、その点では日本の地下鉄と異なります。車内には握り棒が適宜設けられていました。

机场线如果是第三轨道的话,2号线也是一样的。车内的座位是塑料制的,在这一点上和日本的地铁不同。车内设有适当的握杆。


乗車したのは平日の午後。日本だとサラリーマンがそれなりに乗っている時間帯のはずですが……スーツ姿の人はまったく見かけず、ラフな服装の乗客と学生といった休日の雰囲気でした。

乘车是在工作日的下午。在日本应该是上班族们乘坐的时间段吧……但是这完全看不到穿西装的人,都是穿着便装的乘客和学生们,一股休息日的气氛。





また、出入口の設置場所と同じくらい厄介な点がもうひとつありました。それは改札入場前にX線検査があること。日本でも空港ではX線検査とボディチェックがありますが、北京は、これが地下鉄の全駅にあるのです。そのため、北京南駅などのターミナル駅の改札前には長い列ができていました。混雑する駅だと、ホームで列車を待つよりも、改札を入る前の手荷物検査の順番待ちで時間がかかります。地下鉄に乗るためには、並ぶよりほかはないのです。

另外,还有一个和出入口的设置场所一样麻烦的地方。那就是检票入站前要进行X射线检查。在日本机场也有X射线检查和身体检查。不过,北京的地铁全站都有。因此,北京南站等安检的检票前排起了长队。拥挤的车站的话,比起在站台上等火车,进入检票口前的行李检查的队伍要花费时间。要乘地铁,只能排队。


ちなみに旅行中に利用したICカードは、北京市内の地下鉄や路線バスで利用できるのですが、運賃が地下鉄初乗り3元(約45円)、バス初乗り2元(約30円)といったように日本に比べてかなり安いため、3日間北京に滞在し、たくさん乗り回したつもりでも、チャージ金額の半分も使うことができていません。今回の地下鉄乗車体験で唯一後悔したのは「100元はチャージしすぎだった」ということです。

顺便说一下,旅行时用的IC卡,可以乘坐北京市内的地铁和公交车,地铁起步价3元(约45日元)、巴士起步价2元(约30日元)等,运费比日本便宜很多,所以在北京停留3天,用公交卡坐了公交和地铁,就算是想多坐几次车,充值金额最后也花不到一半。所以在这次地铁乘车体验中,唯一后悔的就是“100元充值过多”。