原创翻译:龙腾网 http://www.ltaaa.com 翻译:雨晴様 转载请注明出处
论坛地址:http://www.ltaaa.com/bbs/thread-486949-1-1.html



今では中国は世界2位の経済大国として大きな存在感を見せているが、少し前までは「人口だけはものすごく多い発展途上国」という印象を持っていた人も少なくないだろう。2000年代初頭の頃までは、ネットもマスコミも、中国を日本の“一段下”に見る風潮があった。では、当時の中国の実態はどんなものだったのか。2005年に中国・遼寧省の大連を取材したネットニュース編集者の中川淳一郎氏が当時の様子を振り返る。
* * *

现在中国作为世界第二大经济大国有着相当的存在感,但恐怕不少人在不久之前对这个国家的印象还是“只有人口非常多的发展中国家”吧
在两千年代初期的时候不论是网上也好还是媒体也好,都有过一阵把中国当作日本的下位国来看的风潮
那么当时中国真正的样态究竟是什么样的?
在2005年去过中国辽宁大连取材的网络新闻记者中川淳一郎回忆了当时的样子





この時は、PCメーカー・日本HPのコールセンターが大連にできたため、その取材に行ったのです。当時はDELLも大連にコールセンターを作り、増える日本のパソコン需要に応えようとしていました。

那个时候我是因电脑制造商日本惠普的呼叫中心在大连设立,采访而去的
当时戴尔也在大连设立了呼叫中心,来满足日益增长的日本对电脑的需要


元々中国といえば、格闘ゲーム『ストリートファイターII』に出てくる風景のように、自転車がそこらへんを行き交っているというイメージがありました。或いは横並びになった自転車が大量に走りだしたり……。しかし、行ってみると案外欧州車は多いですし、日本車も多い。自転車だらけということもありませんでした。

本来一提起中国,印象就是像格斗游戏街头2里出现的那种自行车在街头到处跑的印象
或是大量的自行车并排地跑着… …但实际去过之后很意外地发现有很多欧洲汽车,而且日本汽车也多
并没有满街都是自行车的景象


当時、日本HPは人件費の安さと中国人労働者の優秀さから大連を選んだと言っていました。また、ITと中国語というこれから伸びる分野を学びたいと考える社員も獲得したいという意向があり、その実態を私は取材させてもらったのです。実際、当地を案内してくれた中国人の社員は実に丁寧で日本語も上手でした。そして、当地で働く日本人も、向学心を持った人々ばかりでした。
唯一トイレで感じた「まだまだ発展途上なんだな…」

当时日本惠普说是因人工成本便宜和中国劳动者的优秀而选择大连
加之也能收获想要学习IT与中文这两项能在今后发展领域的社员
而我采访了当时的实况
其实当时给我们当向导的中国人社员,真的是很有礼貌而且日语也很好
在当地工作的日本人也都是拥有着向学心的人们
唯一在厕所所感受到的「还是发展中的国家啊…」





実際にHPのコールセンターの取材をしてみると、中国人従業員は日本語が堪能で、仕事場でも各人の机にはパーテーションがあり、PCと電話も各自ついている。私がかつて働いていた会社では、パーテーションがなく、さらには乱雑過ぎる机の人も多かっただけに、これだけでも「中国のオフィス、すげー!」と思いました。しかも、昨今のアメリカのIT企業に見られるように、広大なカフェテリアのビュッフェ方式で好きなだけ食事を摂ることができるのです。宿泊したホテルも5つ星のシャングリラホテルですから、快適そのもの。

实地地对惠普的呼叫中心进行采访过后,发现中国从业员的日语都很棒,办公场所每个人的桌子上也都有分区,每人也有自己的电脑和电话
我过去工作过的公司,桌子没有分区还加上很多人的桌子都特别地杂乱,光是这点也够我觉得“中国职人,好棒!”
而且有近来美国IT企业中也能看到的,那种在宽敞的自助食堂里站立式地能够只取食自己喜欢吃的食物的食堂。
住的酒店也是五星级的香格里拉酒店,特别舒适


外食も初日の高級羊鍋店は、横浜の中華街の高級店に行ったような感じで、清潔感もありました。ただ、翌日の飲み会で行った、地元の人しか来ない羊の串の店は若干様相が異なっていました。この時の様子を、当時一緒に行った雑誌『テレビブロス』の木下拓海編集者は次のように振り返っています

在外的餐食:第一天用餐的是高级羊肉火锅店,像去了横滨中华街里的高级料理店一样的感觉、有清洁之感。只不过第二天的酒会,去的是只有当地人才会到的羊肉串店,情况就有些不同了
一同去的杂志《TV Bros》编辑者木下拓海回忆了当时的情形


〈木下 ちなみにその店のトイレは穴掘っただけのやつで、しかもその穴から山盛りになったウンコがはみ出してるんです。全人生で見たどのトイレよりも汚かった。その穴の周囲には鶏のケージが大量においてあったんですが、大酒飲み対決が終わった直後、中川さんがフラーっとトイレのほうに行ったと思ったら、トイレの方向から急に「バターン!」って大きな音と「コケコケッ!」っていう鶏の声が聞こえてきたんです。「まさか!」と思って見に行ったら、崩れたケージの山の中に、鳥フンと羽毛と人糞だらけになった中川さんが大の字になってぶっ倒れていたんです。〉
この時のトイレだけが、大連で感じた「あぁ、まだ発展途上なんだな……」という瞬間でした。

木下:“顺便说句那个店的厕所就只是挖了个坑,还从里面露出了堆积如山的大便。比这辈子所见过的任何一个厕所都要脏,洞旁边还放着大量的鸡笼子,酒量过大的拼酒会过后,中村呼啦地一下奔向厕所,却从厕所那里突然传来“砰”地一声和鸡在“咯咯咯”的叫声。”
心想着‘不会吧’一边跑去看,中川大字型地倒在了崩倒的鸡笼中、混着鸡屎羽毛和大便
就仅仅是这个厕所,让我在大连感到了‘啊还是发展中国家’的瞬间





窓口担当者の「大丈夫」という言葉を信じたためにこうなってしまった……。次の列車に乗るための券に変更してもらおうとしたのですが、最初の窓口では「完全に新しいものを買え。これがルールだ」と譲らない。頭が固い人だと思い、別の窓口に行き「お前のところの従業員のせいでこうなった」と文句を言ったところ半額で次のチケットを売ってやる、と言う。これにも不満は大ありですが、前の窓口との落差には感謝し、この条件でチケットを買い、無事乗車できました。

相信了窗口售票员的‘没关系’的话最后却变成了这样子… …
于是想要换成下一班列车的票,但最初的那个窗口工作人员却说“要买新票,规矩如此。”一点都不让步
觉得他脑袋有点顽固走去别的窗口,抱怨说“都是因为你们这的工作人员才变成这样。”一说完人家就半价地卖票给我
虽然我还是很不满意,但感谢这个窗口与之前的待遇落差,我能够以半价买到票顺利地乘车


同行の日本人男性が「いくら中国が発展しようが、無形のサービスの部分でまだまだだね」と言っていたのが印象的です。しかし、だからといって過度に十数年前の中国を見下す必要はなかったと思っています。あの時に大連に行った身からすると「あの時、中国をバカにしていた日本人、ゴーマン過ぎませんでしたか?」と思います。

同行的日本人男性说“中国就是再怎么发展,这无形的服务还是不够啊。”可即便如此我们也没必要过去十数年地轻视他们吧
作为当年去过大连的我来说:“过往轻视中国的日本人,不是太过傲慢了吗?”