原创翻译:龙腾网 http://www.ltaaa.com 翻译:骑着毛驴到处走 转载请注明出处
论坛地址:http://www.ltaaa.com/bbs/thread-486509-1-1.html



トランプ米大統領が5月25~28日、令和最初の国賓として訪日し、天皇陛下と会見した。安倍晋三首相とは11回目の首脳会談に臨んだほか、“ゴルフ外交”などを通じて個人的信頼関係を一層厚くした。日米の蜜月ぶりを目の当たりにして韓国紙は自国の孤立ぶりを懸念、文在寅政権の危機意識の欠如を問題視した。中国の官製メディアは冷めた視線で、日米首脳会談で目立ったのは不一致ばかりだと指摘した。

美国总统特朗普于5月25日至28日,以令和年第一位国宾的身份访问日本,并与天皇陛下见面。这是日美第11次首脑会谈,除此之外,安倍晋三还通过“高尔夫外交”等活动,进一步加强了与特朗普的互信关系。
看着日美关系日趋亲密,韩国报纸开始担心本国被日美孤立,认为文在寅政权缺乏危机意识。而中国的官方媒体则以冷淡的目光,指出日美首脑会谈表面上引人注目,实则分歧颇多,暗流涌动。



さらに、「行き詰まった北朝鮮との核交渉や米中貿易戦争の被害などは、まさに韓国の現実の問題だ。だが、韓国政府は緊迫した国際情勢にもあまりにのんびりしているようだ」と文政権の危機意識の欠如を問題視。「4月にワシントンでの首脳会談で文大統領がトランプ大統領と単独で話した時間はわずか2分だけだった。韓米首脳が緊密に議論する時間さえなかった。日本とは外交・経済・軍事などの葛藤を解消できずにいる。時限爆弾である米中衝突の懸念は韓国経済に一層深く拡散している」と危機感を示した。

朝鲜的核谈判陷入僵局,美中贸易战连绵不休,这些都是韩国需要面对的现实问题。但是,韩国政府对待紧迫的国际局势的态度似乎过于悠闲”,文在寅政权缺乏危机意识。
4月,在华盛顿峰会上文在寅总统和特朗普总统单独谈话的时间只有2分钟。而对中美冲突的担忧情绪也在韩国经济界不停的扩散。

その上で、「米中貿易戦争と北朝鮮の核問題にしっかり対処できねば、経済、安保ともに不覚を取り、仲裁者どころか、尻尾をつかまれ振り回される可能性もある」と事態の深刻さを訴えた。

如果不能很好地应对中美贸易战争和朝核问题的话,那么韩国在经济和安全上都会陷入被动,别说当仲裁者了,顾此失彼,疲于奔命的情况也是有可能发生的。

一方、文化日報(5月29日付)の社説は、トランプ氏が米軍将兵への演説で「皆は黄海と日本海、東シナ海、南シナ海を守り、祖国と同盟国を敵から防護する」と語ったことに着目。「日本海・東海の表記の問題が(日韓の)敏感な懸案であるにもかかわらず、トランプ氏がてらいもせずに日本側に付き『日本海守護』の演説をした。中国牽制(けんせい)のために日本との同盟強化が絶対的であり、文在寅政権への外交的考慮はしないということでもある」と論じた。

另外,韩国《文化日报》(5月29日版)发文章称,特朗普对美军官兵发表的演说时曾表示:美军士兵将守护黄海、日本海、东中国海、南中国海,保卫美国和同盟国。
日本海一直是日韩争议海域,日本称之日本海,韩国称之东海——尽管如此,特朗普依然在日本发表了守护日本海的演说。特朗普还表示,为了牵制中国,美国必须加强与日本的同盟关系,而对文在寅政权的外交则不在考虑之中。

同紙は「両首脳の記者会見でも韓国には遠回しに触れるのみで、重要な同盟国として扱われなかった。日本も韓国を無視している。G20での韓日首脳会談も不透明だ」と韓国の“不安要素”を列挙した。

韩国《朝日新闻》称:“在日美举行的两国首脑记者招待会上,韩国的存在感稀薄,并没有作为重要的同盟国来对待。日本也无视韩国。G20的韩日首脑会谈也不透明”。



国営新華社通信は5月27、28日の論評で、トランプ氏が安倍首相と2人の“十八番”であるゴルフ外交を演じただけでなく、天皇陛下が即位後初めて会う外国首脳、宮中晩餐(ばんさん)会に出席する初の国賓、日本の「準空母」に初めて乗艦する米国大統領となった「初づくし」の外遊だと論じた。一方で、こうした安倍首相の苦心にもかかわらず、トランプ氏は日本に対する圧力を弱めていないと分析。27日の日米首脳会談では、農産品や自動車をめぐる貿易問題の立場の隔たりは埋まらず、朝鮮半島問題をめぐっても顕著な不一致が残ったと指摘した。

中国新华社通讯在5月27、28日发表评论表示,特朗普和安倍首相费心联袂出演了几出“拿手好戏”,比如高尔夫外交,比如特朗普是天皇陛下即位后第一个会见的外国领导人。特朗普是首位出席日本皇宫晚宴的国宾,特朗普还是第一个登上日本准航母的美国总统
尽管安倍晋三费心费力地安排,但特朗普却并没有减弱对日本的压力。在27日的日美首脑会谈中,双方在农产品和汽车的贸易问题上的隔阂依然存在,而日美双方就朝鲜半岛问题也存在明显的分歧。

論評は「米国第一」を掲げて対中圧力を強めるトランプ氏を牽制することも忘れない。安倍首相とトランプ氏が観戦した大相撲について「最高位の力士は横綱と呼ばれ、手厚い報酬と高い地位にふさわしい厳格な礼儀と道徳水準が求められる」とした上で、世界の貿易でトップの実力を持つ米国が、しばしば貿易相手国に「いじめ」的な手段を用いて「国際貿易ルールとぶつかっている」と非難した。
うと論じた。

中国新华社表示,安倍晋三和特朗普还一起观看了相扑比赛,在日本,最高位的相扑手被称为“横纲”,获得“横纲”称号地相扑手不仅要力量过人,而且要具备严格的礼仪和道德水准,这样才能获得优厚的报酬和高位的地位。而在现实世界中上,美国作为世界贸易中实力最强的霸主,却经常用“霸凌”手段指责他人。