原创翻译:龙腾网 http://www.ltaaa.com 翻译:跑龙套 转载请注明出处

「昔、慰安婦にされた」中国の90代姉妹、初めて明かす~日本軍慰安婦のうち20万人以上が中国女性だった

一对中国90岁的姐妹第一次表明自己曾经被强行征为慰安妇,旧日本军队强征的慰安妇里有20多万人是中国女性



2018年7月23日、海外網は南京大虐殺記念館から入手した情報として、「90代の女性2人が元慰安婦であることを初めて公表した」と報じた。

2018年7月23日,“海外网”报道:根据从南京大屠杀纪念馆得到的讯息,有两位90岁的女性公开表示自己曾经被日军掳去充当慰安妇。


女性2人は94歳と90歳の姉妹で、記念館の職員が湖南省で元慰安婦生存者らを見舞った際に名乗り出たそうだ。

这两名女性年龄分别是94岁和90岁,是一对姐妹,大屠杀纪念馆的工作人员在湖南省看望慰安妇幸存者时,这对姐妹自称曾经是慰安妇。


姉の彭仁寿(ポン・レンショウ)さんは「1939年秋に日本軍に捕らえられ、慰安所に連れて行かれた。腹部を刺されて幸い命は取り留めたが、永遠に子どもを産むことができなくなった」と話しているという。記事はまた、妹の彭竹英(ポン・ジュウイン)さんについて「『慰安婦』制度の被害者になっただけでなく、細菌戦の被害者でもある」と説明。「1938年に日本軍が使った生物兵器で竹英さんは両目を失明した。その後、日本軍に連れて行かれ、彼女も子どもを産む能力を失った」と伝えている。

姐姐名叫彭仁寿,她说:“在1939年秋天我被日本军队抓走带到了慰安所。我的腹部被刀刺伤,所幸活了下来,自此,我就再也没能生小孩了。”文章还对妹妹彭竹英做了一番描述,说她不仅仅是慰安妇制度的受害者,而且还是细菌战的受害者。报道说:“1938年,因为日本军队使用了生化武器导致竹英女士双目失明。之后日军把她也带到了慰安所,最后她同样也失去了生育能力。”


記事によると、2人が名乗り出る前まで、中国で登録されていた元慰安婦生存者は14人だった。中国慰安婦問題研究センターは、「第2次世界大戦中にアジアの女性約40万人が日本軍の慰安婦にさせられ、このうちの20万人以上を中国の女性が占めた」との統計を示している。

根据报道,在这两名女性自报姓名反映情况之前,在中国所登记的慰安妇健在者为14人。中国慰安妇研究中心方面给出了统计数字,表示:“第二次世界大战期间,亚洲有大约40万的女性被日军强征为慰安妇,其中有20万人以上是中国女性。”