原创翻译:龙腾网 http://www.ltaaa.com 翻译:平和島 转载请注明出处

はぁ!?これも食べるの?・・台湾航空会社の乗務員が“侮辱発言”、乗客にネットで晒され謝罪
XINHUA.JP 10月20日(月)13時51分配信

哈?!这也能吃?……台湾航空公司乘务员因“侮辱发言”在网上向乘客公开道歉
XINHUA.JP 10月20日(星期一)13点51分发布


台湾航空最大手、中華航空の客室乗務員が今月9日、福岡行きの機内で「乗客を侮辱する発言をした」と指摘され、乗務員と同社が乗客に謝罪していたことが分かった。乗客が発言内容などをインターネット上で暴露し、ネットユーザーたちの間に怒りが広がった。中国台湾網が17日伝えた。

中国台湾网17日报道,台湾第一大航空公司中华航空的客室乘务员,被指在本月9日飞往福冈的飞机上“说了侮辱乘客的话”,该乘务员及其所在公司已向乘客道歉。被侮辱乘客在网上发布了该乘务员所说内容,引起大面积网友愤怒。


台湾東森新聞の報道によると、この乗客は9日、一家5人で中華航空の福岡行きの便に乗った際、食事の時間に2歳の子供が寝ていたため、「機内食を持っていくことはできますか」と、ある女性客室乗務員に質問した。するとこの乗務員は「そんなことは当然だめ。税関でつかまりたいんですか?」と返答した。

据台湾东森新闻报道,本月9日,这位乘客一家5人在乘坐中华航空旗下飞往福冈的飞机时,由于用餐时间其2岁孩子还在睡觉,于是询问某位女乘务员:“机内食物能带走吗?”然后这位乘务员回答:“那种事情当然不行了。想被海关抓住吗?”


乗客は食べ物を無駄にしたくないと思い、子供の分を食べ始めた。これを見た同乗務員は信じられないといった口調で、「はぁ!?これも食べるんですか?私だったら食べない。日本には美味しいものがたくさんあるのに、なぜこれを食べるの?」などと畳み掛けた。

该名乘客不愿浪费食物,于是开始吃留给孩子的那部分。那名乘务员见此情景,以不可置信语调,接二连三说道:“哈?!这也能吃?我的话是不会吃的。明明日本有那么多好吃的东西,干嘛要吃这个?”


こうした発言がネット上で伝わると、ネットユーザーたちの間に怒りが広がり、この乗客に対して「中華航空に苦情を言うべきだ」との提案が続々と飛び出した。

这样的发言在网上公布后,引起广大网友的愤怒,许多人提议该乘客“应向中华航空索赔”。


この騒動について中華航空は16日夜、「該当の乗務員は言葉が足りず、誤解を与えたとして乗客に謝罪した。また中華航空の担当部門も電話で乗客に説明、謝罪し、許しを得た」とコメントしている。

关于这一事件,中华航空在16日晚上发表了如下评论:“该乘务员因言辞不当造成误解,在此道歉。此外,中华航空的相关部门也通过电话向该名乘客说明、道歉,并已获得谅解”。